マジシャン出張のHWE
Mahoutsukai Akitto

魔法使い アキット


「大人になるって魔法が解けてゆくこと、でも魔法が使えるようになること、魔法よどうかとけないで」

 長野県出身。
 4 歳でマジックに出会う。
 独学でパフォーマンスを学び、ただ「凄い」で終わらない心に染みるストーリー性のある演技を得意とする。

 クロースアップマジック、スプーン曲げ、イリュージョン、ジャグリングやサンドアート、アートバルーン、パントマイムなど多くのパフォーマンスをこなし、「人間遊園地」の名も持つ。

 自らが脚本・演出・美術製作を行う舞台公演では、芝居とマジックが融合した新しい形「ストーリーマジック」を追求している。
 衣装やオリジナルグッズなどのデザインも自らが行い、全国のイベントやテーマパーク、テレビ・ラジオ・ネットなどのメディアでも活躍。
 現在、SBC信越放送「ずくだせテレビ」、TBSラジオ「エンタメSaturday」にレギュラー出演中。

ギャラリー