マジシャン出張のHWE

出張マジックの料金相場

マジシャン

 ご訪問ありがとうございます。

 この記事は、主に以下の方に向けて情報をご提供します。

 この記事を読むと、以下のことがわかります。

目次

出張マジックの料金相場は?

 まず大前提として、マジシャンはひとりひとり出張料金が違います
 個々人が自分で料金設定をするからです。

 加えて、ひとりのマジシャンの中でラインナップがあります。
 15分のステージショー、30分のテーブルマジック、40分のイリュージョン、60分のテーブルホップ、といった具合で、それぞれ料金が異なります。

 そういうわけで、現実的には、実に多様な、千差万別の料金設定があるわけですが、多くのマジシャン派遣サイトでは、クライアント様のニーズに合わせて、マジシャンのランクを3段階に、マジックのジャンルを4段階に分類しています

マジシャンのランクによる料金相場

  • 若手マジシャン 5万円前後

    クライアントニーズ:安さ

  • ベテランマジシャン 10万円前後

    クライアントニーズ:ハイレベルな演技

  • 有名マジシャン 20万円以上

    クライアントニーズ:集客、高級感

 若手マジシャンは、5万円前後が料金相場です。
 安く出張マジックを依頼したい、というクライアントニーズを叶えます。

 ベテランマジシャンは、10万円前後が料金相場です。
 目の肥えたゲストをも唸らせるような、ハイレベルなマジックや演技を希望するリピートクライアントのニーズを叶えます。

 有名マジシャンは、20万円以上が料金相場です。
 集客に利用したい、高級なもてなしをしていることを明確に示したい、などのクライアントニーズを叶えます。
 「マジシャンがいます」と「デビッド・カッパーフィールドがいます」では違う、ということを重要視するクライアント様向けです。

ヒーローウッドロゴ

とんどの派遣サイトでは実現できていないことですが、ヒーローウッドエンタ-テイメントでは、クランアント様が判断しやすいように、各マジシャンの出張料金を可能な限り開示しています。

マジックのジャンルごとの料金相場

 マジックのジャンルは、ゲスト人数や会場の広さによって、ある程度決まります
 ホームパーティーでイリュージョンはできませんし、大ホールでテーブルマジックも難しいです。

 ですから、テーブルマジックかステージマジックかの選択で料金が変わるというよりは、ゲストの人数や会場の広さによって料金が変わる、という理解のほうが現実的でしょう。
 ゲスト人数×1000円~3000円、というイメージのほうが、的を射た計算ができるかもしれません。

 ただし、いずれも、あくまで目安でしかありません。
 演技時間、演技回数、拘束時間、場所、日程、交通手段、道具の運搬方法などが加味されますから、最初に書いた通り、現実的には千差万別です。

 予算を先に伝えて、予算内にできることを交渉していくのが良いでしょう

もっと安くマジシャンを呼ぶ方法はある?

 この料金相場を見て、
「もっと安い料金で呼ぶ方法はないだろうか?」
と思った方もいるかもしれません。

  実はあるんです。

個人マジシャンに依頼すれば安い

 そもそも、「出張マジックの料金相場」というのは、「ネット検索におけるマジシャン派遣サイトの相場」に過ぎません。

 個人マジシャンと直接交渉することができれば、もっと安い料金で出張してくれるマジシャンもたくさんいます
 1万円以下の出張マジックも、探せば見つかることでしょう。これは派遣サイトでは、まずあり得ない料金設定です。

 ですので、同じマジシャンを呼ぶならば、個人に直接依頼したほうがお得である、と言うことができます。
 もし、呼びたいマジシャンが決まっているのであれば、Twitterのダイレクトメールなどで依頼するのも良いでしょう。

 ただ、もし誰を呼ぶか特定していないならば、その状態からマジシャンを探すことは現実的には簡単なことではありません。

個人マジシャンを探すのが難しい理由

 個人でサイトを運営しているのは、マジシャンの中のほんの一部だけであり、ほとんどのマジシャンはサイトを持ちません。
 従って、ネットで検索しても、ヒットするのは、ほんのわずかです。
 マジシャン名で検索すればSNSなどがヒットすることはありますが、知らないマジシャン名は、検索ワードにはなり得ません。

 また、サイトを運営しているほんの一部のマジシャンも、SEO対策まできちんとできているのはさらに稀です。
 検索順位100位や200位まで調査しなければ発見できない、ということも珍しい話ではありません。
 そして、そこまで調査して発見したサイトを見ても、料金設定が非表示であることも多いです。

 これには理由があります。
 登録している派遣サイトと料金的な矛盾が出て不利益になることを嫌うからでもあり、表示の料金以上の大きな仕事が受けられなくなる可能性を危惧するからでもあります。

 すると、依頼をしたいクライアント様は、電話やメールで料金を確認しないといけなくなりますが、そこまでやった結果、結局料金が安くない可能性もあります。
 また、料金は安いものの、日程が合わなくて、依頼ができないこともあるでしょう。

 ネットで探せない以上、歩いて探すしかありませんが、大道芸やストリートマジックをやっているマジシャンを計画的に発見することは不可能に近いです。
 現実的な探索方法としては、マジックバーに行って、お気に入りのマジシャンの名刺をもらって連絡する、ということでしょうか。
 しかし前述したように、結局安くなかったり日程が合わなかったりする可能性は、同様にあります。

マジシャンを見分ける目利きが必要

 上記のようにして、たとえ料金の安い個人マジシャンに依頼ができたとしても、次の悩みとして、
「とはいえ、このマジシャンで本当に大丈夫なのか?」
と心配になる方もいるかもしれません。
 「安かろう悪かろう」のマジシャンだったらどうしよう、と気が気でなくなるかもしれません。

 ですから、こうして個人マジシャンに依頼するためには、前提として、マジシャンの良し悪しを見抜ける目利きが必要になります。
 あるいは、すでにマジシャンと知り合っていて、いつ呼んでもいいように名刺をもらっている、というような過去の経験が必要になります。

 そのような前提が整っていない方からすれば、大変ハードルの高い方法となるでしょう。

マジシャン派遣サイトの役割

 このように、ハードルが高いけれども安く済む方法は確かにあります。
 もちろん、それで安くて良いマジシャンに巡り合えるということであれば、最高のことです。

 一方、そういった調査の労力や、目利きの不安から解放されたいというニーズもまたあり、そのニーズを叶えるために、マジシャン派遣サイトは生まれました。

 マジシャン派遣サイトは、以下のようなクライアントニーズを叶えるために存在します。

 マジシャンと交渉しても、必ずすぐに契約成立になるとは限りません。
 日程が合わない、料金の折り合いがつかない、その地域には出張できない、そのシチュエーションには対応できない、返信が遅くて話が進まない、支払い方法が不明瞭で信用ができない、などなど、交渉不成立になる要因はたくさんあります。
 そのたびに別のマジシャンを探して、また初めから交渉するのは、それなりに大変な作業になります。

 しかし派遣サイトに依頼すれば、あるマジシャンの条件が合わなかったとしても、
「他に適切な人はいますか?」
と言うだけで、次の候補が挙がるので便利です。

 加えて、マジシャンがマジックのプロであるのと同様に、派遣サイトはマジシャン派遣のプロです。
 プロの目利きで、適切なマジシャンを見立てる仕事をしていますから、安心して任せることができます。

 また、マジシャン派遣サイトは以下のマジシャンニーズも叶えます。

 日々進化するgoogleのSEO事情に対応してサイトを運営しながら、マジックの研鑽もしなくてはいけないとすれば、費用や労力を分散せねばならなくなり、非効率です。
 ですから、個人個人がやっていては非効率な部分を派遣サイトがまとめて行っているわけです。
 派遣サイトが仕事を探すからこそ、マジシャンたちは安心して費用や労力をマジックの研鑽に費やせるのです。

 ちなみに、マジシャン派遣サイトの中でも、くらしのマーケットは、派遣サイトと個人マジシャンの中間の性質を持っています。
 口コミもありますから、目利きの参考にすることができますし、低い料金設定のマジシャンもいますから、お得に依頼することができるかもしれません。

出張マジックの料金の根拠

トランプ

マジシャンによる料金の違い

 そもそも、どうしてマジシャンごとに値段が違うのでしょうか?
 出張料金の高いマジシャンと安いマジシャンは、どう違うのでしょうか?

「高いマジシャンは腕が良い」
と思われていると思いますが、それは的を射ています。
 料金の高いマジシャンは、
「その値段でも呼びたい」
と思われているということです。
 そこまで料金を上げる過程で、コンテストの審査員に認められ、観客に認められ、クライアントに認められ、テレビ局に認められ、テレビ視聴者に認められて、実績を重ねてきていますから、その実績と信用をもってして、
「高い料金でも呼びたい」
と言われるわけです。

 また、需要と供給のバランスの点からも、多くの依頼が殺到すると、料金が上がることになります。
 人気のあるマジシャン、仕事の多いマジシャンは、出張料金も高くなる傾向があります。

プロマジシャンとアマチュアマジシャン

 ここまで、出張マジックの料金が高い安いという説明をしてきましたが、あくまでプロマジシャンの中での比較をしてきました。

 しかし、アマチュアマジシャンも視野に入れるならば、ボランティアでもやりたい、ということもあるでしょう。
 当然ながらアマチュアはサイト運営などしておらず、尚のこと探すことが困難ではありますが、もうひとつ、職業マジシャンと趣味マジシャンの間には大きなモチベーション上の違いがあります。

 職業人としてのプロマジシャンは、お客様を楽しませて料金をいただくということを生業としていますから、必ず料金を請求しますし、必ずお客様を楽しませます。
 顧客満足と料金を等価交換するという意識で、仕事としてマジックをしています。

 一方、趣味としてのアマチュアマジシャンは、自分の楽しみとしてマジックをしていますから、必ず自分が楽しみます。
 お客様を楽しませる使命も責任もありませんし、必ずしも料金を求めません。

 マジシャンというカテゴリーは同じでも、そのようなモチベーション上の違いがありますので、それを理解した上でアマチュアマジシャンに依頼することも、ひとつの選択肢になるでしょう。

 また、このモチベーションの差は、プロマジシャン同士での料金の差にも表れてきます。
 料金の高いプロマジシャンは、その値段以上の価値のある演技をするという高い意識の表れでもあるのです。

マジックのジャンルによる料金の違い

 マジックのジャンルとしては、テーブルマジックが最も安く、サロンマジック、ステージマジック、イリュージョンと料金が上がっていきますが、こちらはどういう根拠で料金設定されているのでしょうか?

 これは技術料、道具代、運搬費用、アシスタント人件費などによって決まります。
 より詳しくは、下記記事をご参照ください。

ニーズに合わせてお得にマジシャンを呼ぼう

 あなたがマジシャンを呼びたいのは、どういうニーズがあるからでしょうか?

 マジシャン派遣サイトで依頼する場合は、はじめにそのニーズを伝えると良いでしょう
 そうしなければ、ニーズを読み違えて、適切ではないマジシャンを呼ぶことになってしまうかもしれません。

 たとえば集客のニーズがあれば、テレビで名の売れた有名マジシャンを呼ぶと効果的です。
 しかし、有名マジシャンは、「有名」であることに価値があり、そこに価値を見出せないクライアント様からすれば、ただ高いだけ、ということになりかねません。
 出張料金の安い無名のマジシャンのほうが、ニーズを満たしているということもあるでしょう。

 一般の方が名前を知っているマジシャンは、すべて「有名マジシャン」です。
 出張料金は高く設定されています。
 必ずしもそのマジシャンでなくても良いのであれば、指名をしないほうがお得に出張マジシャンを呼べるかもしれません。

出張マジックを依頼するときの流れは?

 ここまでの話で、マジシャンの出張料金の目安について、そして、安く済ませる方法について、ご理解いただけたと思います。
 ここでは、実際に依頼した場合の流れを説明します。

派遣サイトまたは出張マジシャンに問い合わせ

 まずはお問い合わせをしましょう。
 もちろん弊社にお問い合わせいただいても結構ですし、「マジシャン 出張」や「出張マジック」などの検索ワードで、派遣サイトやマジシャンを探しても良いでしょう。

 その際、イベント日時、ご予算、参加人数、会場の所在地や間取り、ニーズや目的、などを伝えるとスムーズに進むでしょう。

仮予約、本予約

 イベント日程が仮であることもあるでしょうし、マジシャンの予約確定をもってイベントを確定させたいという希望もあるでしょうから、まずは仮予約という形になることが多いです。
 マジシャンの日程を仮押さえして、その日程、そのマジシャンで問題ないかを再検討した後、本予約という流れになるでしょう。

 ただし、仮予約を長引かせることは、あまり良いことではありません
 仮押さえ中のマジシャンは、他の仕事を断らなければならなくなることもあり、長期間の仮押さえの後のキャンセルは、マジシャンの仕事の機会を奪うことに繋がります。
 また、その危険性を先んじて回避するために、決定優先としている派遣サイト管理者やマジシャンもいます。仮押さえ中の日程であっても、先に別の案件が本決定してしまえば、仮押さえがキャンセルされてしまうということです。
 仮予約期間が長引くということは、誰にとってもデメリットでしかないのです。

詳細打ち合わせ

 正式な予約が確定したら、詳細な打ち合わせに進みます。
 演技内容は、マジシャンに丸投げして良いと思いますが、紹介の仕方や入退場について、マイクやBGMについて、など、細かく打ち合わせを行います。

 ホームパーティーや居酒屋での忘年会など、比較的小さなイベントであれば、それほど打ち合わせることは多くはありません。
 結婚式や企業パーティーなどでステージマジックやイリュージョンをするようなスケールであれば、照明の当て方、控室の準備、機材の搬入、司会者との顔合わせ、当日のリハーサル、などについても打ち合わせが必要になるでしょう。

支払い確認

 個人マジシャンへの依頼の場合は、当日の現金払いが多いと思われます。
 領収書が必要であれば、事前に依頼しておきましょう。

 派遣サイトから依頼する場合は、請求書振込払いやクレジットカード払いが多いでしょう。
 また、依頼人側が法人であれば、翌月末払いや翌々月末払いという規定もあるかと思われます。
 支払い方法や支払期限については、事前によく話し合っておきましょう。

 また、万が一のキャンセルに備えて、キャンセル料についてもよく確認しておくことをお奨めします

出張当日

 すでに打ち合わせで決めているはずですので、そのとおりの段取りで当日は進行します。

 あとはマジシャンの演技をお楽しみください

後日

 演技へのフィードバックのためのアンケートや、知名度拡大のための口コミ評価をお願いされることもあるかもしれません。

 そういうときは、無理のない範囲で、ぜひご協力して差し上げてください。
 マジシャンやマジック業界が発展するためには、お客様の声が必要不可欠なのです。

かがだったでしょうか?
皆さまの出張マジックに関しての疑問が解消し、マジシャンを呼んで楽しむという選択肢が増えるのであれば幸いです。

ーローウッドエンタ-テイメントは、幹事様目線で、イベント企画のお手伝いをさせていただきます。
出張マジックのお問い合わせもお待ちしております。